6人家族の廊下御殿

鹿沼市粟野A様邸

周囲の自然と調和した、落ち着きのある外観。大型のソーラーもすっきりと収まっています。大型の造り付けの棚はお子さんの小物などを収納するのに大変便利。机も同様の形での造り付けです。部屋の爽やかさを演出している観葉植物は、奥様のご趣味。実際に畳に座ってみると、この吹抜けの開放感は実に心地よいものがあります。二間続きの本格和室。「家の西側を明るいつくりにしたかった」というご主人の思いから、それぞれの部屋に縁側をつけました。

建てる前の熱心な勉強が自分たちの理想の住まいを形にしました

ご夫婦と3人のお子さん、お母様の6人家族のAさん。「以前は、いわゆる農家の家といった感じの平屋の建物で、築30年ほど経っていました。その家が老朽化してきたこともあって、建て替えをずっと考えていました」とおっしゃるように、お風呂や台所などの水廻りなどは、補修工事をしながらの生活でした。実際に家を建てることを考えてからは、展示場などもたくさん見に行かれました「住み心地が一番重要だと考えていたので、モデルハウスなどに行っても、自分たちの体で感じることを重視して見て回りました」とおっしゃる奥様。また、雑誌などを見て住宅の性能などもいろいろ勉強されました。「IKホームに決めたきっかけは、家が快適なのはもちろんですが、何と言っても地元でやっているということ。家ができてからも、困ったときにはすぐ来てくれますし、やはり地域の信頼というのが大きいですから」とAさんも笑顔でおっしゃいます。
 そんなAさんのお宅はゆったりとした敷地ならではの広々とした家。「廊下御殿」ともおっしゃる、ご主人のこだわりの広々とした廊下は、家の中心を縦横に通る形になっていて、効率的な動線が確保されています。
 また、暖かい家をイメージしていたAさんにとって、木をふんだんに使うこともこだわりのひとつでした。床やリビングの天井、そして腰板とこれだけ広い空間に木を用いることで、家族みんなに優しい温もりを感じさせます。「ひと冬越しましたが、本当に暖かくて、お風呂から上がっても急いで服を着る必要もなくなりました。しかも今年の冬は風邪をひかなかったです」とお母様も大喜びの様子です。「吹き抜けのリビングですから光熱費が高くなってしまうかと思いましたが、前よりコストはかかっていません」と家計を預かる奥様も大助かりの、ソーラーシステムを配備したオール電化。

大きな廊下を中心に温もり溢れる木が家族を優しく包む家

また、お子さんたちと一緒に考えたという、奥様お気に入りのキッチンはカウンター式にしました。「みんなと会話しながら家事ができるのはいいですね。IHクッキングヒーターも手入れが楽で、安全です」と、最近では小学生のお嬢さんも一緒に料理をされるそうです。そのキッチンから続く、食材などの収納、家事室、水廻りと引き戸を開けておけば直線的に動ける家事動線は、昼間勤めている奥様にとっても効率的。そのほかにも1階には立派な縁側もある2間続きの和室や、抜群の収納力を誇る各収納。2階には吹き抜けの上部にあたる多目的スペースや書斎。さらには今は機械室となっていますが、床を張れば居室とし同じ環境の空間として使える小屋裏など、家中いたるところにAさんご家族の思いが散りばめられています。
 「建てる前にたくさんの情報を集めて、自分たちの家をイメージすることが大切」と、そんな勉強熱心なAさんのお宅は、まさに思い描いた通りの家となりました。