冬の光熱費が以前の半分に

鹿沼市I様邸

展示場で見て気に入ったRの垂れ壁を採用したLDK。ダイニングとリビングスペースにつながりをもたせたゾーニングが特徴だ。キッチンのアイランドなど、家事動線も効率を重視してプランニングされている。床下基礎暖房エナーテック、24時間全館冷暖房換気システムで暖かく快適な室内環境を実現している収納量たっぷりのクロゼットを設置した和室。家族みんなでお気に入りの番組を見る、寛ぎのスペース「吹き抜けは寒い」といわれるが、床下基礎暖房の暖気が全館に行き渡り、暖かく温度差もほとんどない約10畳のリビングは、写真上部のダイニングの扉や隣室の和室の扉を開ければさらに開放感ある空間にRの垂れ壁の雰囲気を窓ガラスのデザインにも取り入れコーディネート。優しい表情を演出している白い壁とナチュラルカラーの床で、「清潔で伸び伸びした雰囲気」をコンセプトにした子ども部屋バルコニーに濃い色の木目の部材を使うことでアクセントにした外観

ランニングコストも低減できる省エネ住宅を実現

「吹き抜けは寒い」といわれるが、床下基礎暖房の暖気が全館に行き渡り、暖かく温度差もほとんどない築 40年の住まいを新築したIさん。「以前の家は寒い、暗い、風通しも悪く、家をつくるなら性能重視」と考えていたそうだ。県内の展示場をほぼ見てまわり、外張断熱、1階の全室床暖房、家づくりの考え方などに惹かれたのがIKホーム。期待通り、部屋の温度差がほとんどない快適な住環境を実現した。特筆できるのはランニングコストが大幅に抑えられる省エネ住宅でもあること。「前の家の5倍くらいの広さなのに、冬の光熱費が以前の半分ほど。性能のすごさに驚いています」と語るIさんだ。