強い雨が降っても室内には聞こえず

鹿沼市A様邸

玄関には土間収納を設け、ベビーカーなどを収納できるようにしている。そのため玄関もすっきりやわらかいツートンのカラーリングが特長のA氏邸。アウトドアリビングとしても使えるデッキも設置大きな腰窓などを設置し、明るい開放感を追求した LDK。キッチンは対面式で、リビングでくつろぐ家族とのコミュニケーションも活発になる。「強い雨が降っていても、室内には聞こえず、玄関を開けてびっくりしたことが何度もあります」というエピソードが、同社の提供する家の気密性能の高さを物語っているわずかに壁を立ち上げたキッチンは、ダイニングやリビングから手元が見えないように配慮している階段の壁に飾り窓を設け、採光と通風を確保。換気がしっかりしているので、洗濯物の室内干しもOK子ども部屋は将来仕切って使えるように、広めに設計。収納もそれぞれの部屋で使えるように2つ設置

納得のいく提案に深まる信頼感後悔しない初めての家づくり

「素人ですので、要望を伝えた後は信頼してお任せしました」と当社で家づくりを成功させたAさん。こだわったのは採光と風通し。リビングの腰窓を大きくし、リビング階段には飾り窓を設けて、明るさを確保。A氏邸は一般的な高気密・高断熱住宅よりも窓が多いのが特長だが、その気密性能は次世代省エネ基準を軽くクリアするという。それらの住宅性能や住み心地に大満足のAさんは、「自分の住む家を一緒につくってくれる。そんな感覚が嬉しかったですね」とも語ってくれた。